スマホゲーム

進撃の巨人 TACTICS(ゲキタク)が面白い!駆逐してやろう!

登場キャラクター30人を超える、兵士たちの力を合わせ、巨人を討伐していく。

漫画、アニメの進撃の巨人のストーリーを追体験でき、進撃の巨人 TACTICS(ゲキタク)では、豪華声優陣によるキャラクターボイスを完全収録。キャラクターイラストは進撃の巨人 TACTICS(ゲキタク)のために全編描き下ろしだ。

 

課金アイテム「水晶」(12個・120円~)で「プレミアムガチャ」を引くことができる。

プレミアムガチャは、「1回水晶30個」「10回水晶300個」、プレミアムガチャからは兵士のみ獲得できる。リヴァイ兵長は仲間にしておきたいところだ。

 

毎日無料ガチャのほうでは、★2や★3が多いが、★5もでるので、毎日欠かさず引いておこう。

毎日無料ガチャで★5のゲルガーが出た!

 

メインストーリーの物語を観ながら、クエストのバトルをこなして、兵士たちを育成していくのがメインになる。覚醒の素材などが手に入る「覚醒石収集クエスト」「スペシャルイベント」などがあり。

フルボイスで物語がスタートする。「人類は思い出した」と。

エレン達が入団式をしている。

漫画、アニメと同じストーリーを追体験できるので、これから始まる進撃の巨人タクティクスにドキドキが止まらないだろう。

クエストを選択するとストーリーが進む。トーマスが食べられてしまう寸前で、エレンが発見。次の瞬間食べられてしまう。
怒りに満ちたエレン、ここで駆逐クエストになり、
トーマスを食らった巨人を駆逐する。フルボイスで物語が進んでいくので、緊迫感が感じることができる。
エレンがアルミンを助けよとし、代わりに巨人に食べられてしまう。
それを聞いたミカサの名言がフルボイスで聞ける。

 

進撃の巨人 TACTICSは、タワーディフェンス式のゲームである。タワーディフェンス式とは、自分の領地に侵入してくる敵を倒すことが目的のゲーム。 任意の場所に攻撃キャラクターや施設を配置し、配置された施設やキャラクターは自動で行動を行うことが特徴。

8体のユニット(自分の編成しているキャラクター、または砲塔など)で戦闘に挑み、迫りくる巨人を駆逐していく。ユニットをうまく配置し、巨人を駆逐していくという流れ。

初めだけは、何も考えずに適当でも、巨人を倒すことができるが、2章後半から倒せなくなってくるので、戦略をしっかり考えて配置していくのが大事だ。

ユニットには「進撃」「突撃」「迎撃」3種類あり、それぞれの動き、役割が異なるので、敵の動きを見ながら配置していこう。

SPゲージが溜まればSPスキルを出せる!

SPゲージがMAXになるとSPスキルを発動できるようになる。キャラクターごとに奥義が違い、カットインが入り奥義の演出は迫力満点。

画像はミカサ。可愛い女の子だが、ちょっとぶっきらぼうというかカッコいい系なだけあってSPスキルの演出がカッコいい。
SPスキルで敵に大ダメージを与えることができる。貯まるまで時間がかかるのでタイミングを考えて使うこと。
バトルで、戦略、SPスキルなどを駆使しながら、キャラクターを成長させていき、ガチャで新しいキャラクターを獲得してさらに強くしていこう。

育成、強化

レベルが上がると、「最大行動力」「行動力」「戦友人数上限」のほかに、

各キャラクターもレベルが上がっていくとステータスが上がるのだが、キャラクターの育成、強化で上げてあげないと、巨人には勝てなくなってしまう。

武器と立体起動装置の熟練度の強化素材を使ってレベルを上げて、攻撃力や走行速度を上げよう。

キャラの「ソウル」と「マネー」使うと、キャラクターを限界突破させることで、キャラレベルの上限を解放することができる。

クエストやミッションでソウルは手に入り、すでに仲間になっているキャラはプレミアムガチャで同じキャラが仲間になった場合にソウルに変換することができ、プレミアムガチャで獲得できるソウルは多いので、キャラクターが同じだった場合は限界突破させよう。

しかも、限界突破を5回やったキャラクターは覚醒」をすることがをすることができるようになる。覚醒をすると、キャラクターのレアリティを1つ上げることができるので、どんどん限界突破していこう。

まとめ

進撃の巨人タクティクスのシステムとタワーディフェンス式のゲームがハマっていて楽しめ、ストーリーがフルボイスでアニメの追体験ができるというのが最高です。

2章のボス戦くらいから強いので、プレミアムガチャで早急にリヴァイ兵長を仲間にしよう。是非、進撃の巨人タクティクスインストールしてやってみてもらいたい。